弁護士は円満な相続のお手伝いもします

事例・報告

弁護士は円満な相続のお手伝いもします

2017/12/21 事例・報告

皆さんは,弁護士のことを「相続で争いが起きたら頼むもの」と思っていませんか?いえいえ。弁護士は円満な相続のお手伝いもします。そんな事例のご紹介です。

亡くなったのは高齢の男性で,その相続人である奥様と娘さんからご相談を受けました。その内容は,お二人の間に争いがあるわけではなく,相続に関する手続が分からず困っているというものでした。そこで,弁護士の方で一連の相続手続を一手にお引き受けすることになりました。

まず,財産調査に関しては,生前,男性が自分で全てを管理していたこともあり,お二人は財産の具体的な内容をほとんど把握していませんでした。そこで,弁護士が代理人となって,金融機関への照会や資料の取り寄せなど必要な財産調査をすべて行いました。

次に,遺産分割の内容を決めるにあたっては,なるべく相続税を安くすることが重要な課題となります。そこで,懇意の税理士さんに依頼して,今回の男性の相続だけでなく次に奥様が亡くなったときの2次相続までを想定した相続税のシミュレーションをしてもらいました。その結果を踏まえ奥様と娘さんの生活状況やご希望もお聞きした上で,遺産分割協議書を完成させました。

その後,協議書に基づく銀行窓口での預金解約など名義変更の手続も弁護士の方で行いました(不動産の名義変更だけは懇意の司法書士さんにお願いしました)。また,相続税の申告はシミュレーションをしてもらった税理士さんにそのままお願いしました。

このようにして,お二人には手続が分からないことによるストレスを感じさせることなく一連の相続手続を完了させることができました。

同じような悩みをお持ちの方は,ぜひ一度,当事務所にご相談ください。

 

 

 

ページの先頭へ戻る